重なっていく


 

 

 

 

 

 

友達の孫ちゃん、2歳。

最初の来店は、お母さんのおなかの中だったのに、

お食事できるようになりました。

 

 

 

 

 

かぼちゃのピザも、

味噌ピザも、

りんごのピザも。

 

 

 

 

 

調子に乗ってちょっと食べ過ぎたのか、

途中で吐き出そうとしたら、

お母さんに叱られました。

厳しいけれどあたたかい、

お母さんの横顔が、友達にそっくりでした。

そして最後までもぐもぐとよく噛んで、

「ごちそうさま」できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ひとりごと, カフェのこと タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。