何の何がどう美味しいのかを自分に説明してみる

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、いつもの冷凍ハルピザを、

見直す作業をしている。

「焼きトマトのピザ」には、

ピーマンやベーコンものせていた。

赤を引き立てていたピーマンのグリーンは、

焼きトマそのものを引き立てるパセリかセロリのみじん切りに。

ベーコンはやめて、トマトの数を増やした。

 

 

 

 

 

 

ここ数年作っていなかった、

「干しごぼうをのせたピザ」は、味噌ピザで。

味噌ピザには、柚子こしょうを入れるのがお勧めではあるのだけれど、

干しごぼうの風味を出すには、味噌だけの方がいい。

この干しごぼう自体を作るのが大変で、しばらくやめていた。

久しぶりに、雪ノ浦の畑からのごぼうを見ていたら、

何やら衝動的にしゅっしゅっと削り始めて、

土砂降り雨が続く中、3日間窓辺で干した。

 

 

 

 

 

 

ちゃんと、カラカラと干し上がり、

試食した冷凍ピザも、納得感を持てた。

風に飛ばされないように心配しながら、

天日に干さねばという決まりがなくなって、

楽しくなった。

 

 

 

 

 

 

そうなると、作業は勝手に始まって、

人参をひたすら天ぷらに。

これは、菜種油で揚げたらさっぱりと美味しかったという前日の嬉しさと、

退院してからはちょっと大変な母が、

いつも人参が食べたいと言っていることと、

つながっている気がする。

 

 

 

カテゴリー: カフェのこと, 手作りピザのこと タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。