ちっとも完成しない料理教室

平成29年10月15日、

kuriya での8回目の料理教室は、

「かぼちゃと落花生を楽しむ時間」~ガールアグリ 雪の浦の畑から~

menu は、

〇かぼちゃと落花生の味噌ピザ

〇かぼちゃと落花生のスープ

〇かぼちゃクリーム

〇かぼちゃのケーキ  でした。

 

 

 

 

かぼちゃの一番シンプルなペーストと、茹でた落花生、炒った落花生が主役で、

それぞれに展開していく次第です。

今回決定した menu に向かって、練上げていくのですが、

行ったり来たり横道にそれたりしましたが、

雪の浦の畑を信じられることが何より力になりました。

実は、かぼちゃは時期のタイミングが少し遅れてベストでありませんでした。

確保していたかぼちゃがどんどん傷んでいき、その都度、

「これくらいでも大丈夫だ」

「これなら何とでもできる」

「でもぎりぎりだなぁ」な日々。

甘く濃い風味をベースとしがちな思考を消し去り、

目の前のぎりぎりのかぼちゃと向きあっていると、

素直なすっきりした味わいと綺麗な黄色、たっぷり水分を持っていて、

やはり魅力的なかぼちゃだなぁと思い至りました。

かぼちゃクリームは、そこから生まれた menu です。

ハチミツと混ぜるだけなのですが、素直な味にすごく感動しました。

そんな気持ちが伝わったのかどうかはわかりませんが、

kuriya のスタッフの方が、「あのクリームを作りたい」と、

言ってくださっていると聞いたのはじんわりと嬉しかったです。

落花生も2週間乾燥させていたので、味わい深くなりました。

昨年の教室で、

「作っているものの目指すところの味がわからない」

「わけが分からない」(数値化しないことにこだわりすぎたため)

とのご意見には、味見本を用意しました。

「すごく面白かったです」

とも言っていただけたので、もっと楽しんでいただけるよう

作業時間をシンプルにし、時間をたっぷりとれるように組み立てました。

かぼちゃの皮は今回は使用しない予定でしたが、

皆さん自ら千切りにして、炒った落花生といっしょにスープにトッピング

されていました。

上手に薄く剝いたものは少し苦く、実を残した皮が美味しいことを発見

したりする様子を嬉しく見させていただきました。

こうして、ちっとも完成しない料理教室をさせていただいて、感謝いたします。

参加者の皆さん、kuriya の皆さん、ありがとうございます。

 

 

 

カテゴリー: カフェのこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。