2021 haru pizza 通信 85

桑迫賢太郎画伯の原画展は駐車場の看板、入口の看板のしつらえ、掃除の行き届いた展示場、りえちゃんのカフェ、柔らかい黒い土の上で大量の双葉が導いてくれる小道のある裏庭、そして何より愛にあふれたお客さん達、全てにバランスがとれていて素敵でした。

 

 

 

 

 

その裏庭の柿を頂戴して、今年3回目の干し柿作りです。

 

 

 

 

 

雨が降ったので今日は家の中。

その日は開催時間より早く着いてしまったので、近くの雑貨屋さんを紹介してもらい寄ってきました。 → ku-ji さん

 

 

 

 

 

 

 

 

購入したパウンドケーキの袋のうしろにメッセージを見つけて、つい、ナガサキリンネでロックオンした看板を思い出しました。若い人たちの豊かな感性に触れる喜びをかみしめ過ぎて寝付けない夜を過ごした一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入店と同時に引き込まれた卵は、こちらの資料を購入するといただけました。

たったひとつしかない貴重な卵のピザはどんな風にしようかなと、これも寝付けなかった要因です。

新メニューの「調理ピザ」を作ってみました。

野菜たっぷりパスタは自分でもお気に入りの一品ですが、塩麹を使って野菜だけをペペロンチーノ風にして、卵を囲んでみました。

 

 

 

 

 

 

ブロッコリーは生臭さがあるので今までほぼ登場しませんでしたが、今回はさっと茹でてから炒めてあるので問題は解決しました。

85 ブロッコリー・インゲン・かぶの葉・ねぎの塩麹炒め、卵のピザ

(ソース:haru pizza トマトソース)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とろーりとろける卵、こちらがいいバランスをとってくれています。

カテゴリー: カフェのこと パーマリンク

コメントは停止中です。