暑い中生きてる

会う人みんなが、今年の夏は一番暑いって言ってる。

一日でもさぼると枯れてしまう小さな鉢植えたち。朝は西側のベランダ、夕方は東側の道路っ端。

ある朝べランダで細いフェンネルに摑まってるお客さんと目が合う。次の日はいない。ああ、砂糖水でもあげればよかったかな。

こんな土のない密集地でどうやって過ごすんだろうか。

ミルクセーキやほうじ茶セーキはいかが?って聞けばよかった。

 

haru pizza | ハルピザ – 長崎の家カフェ

OKメニューあります

蒸し暑い日が続いております

たまにはメニューにないものもご用意いたします

昔オムライスハルピザトマトソースがかかっています

ラムレーズンたっぷり入りのりんごのピザ

 

haru pizza | ハルピザ – 長崎の家カフェ

黒いピザ

焼きすぎてしまいましたが、このちょっと手前くらいがベスト。

茶色と白のマッシュルームのアヒージョピザ、どっちがどっちか、わからん。

また、チャレンジしてみませう。

haru pizza | ハルピザ – 長崎の家カフェ

ソースのリニューアル

みんなが好きな 「さとむら牧場のチーズピザ」

草だけ食べてる牛のおかげで自然なクリーミーさを味わえるピザ。

ハルピザの生地とソースに合ってるってお客さんからの声をいただいています。

ところで、このチーズは牧場での手作りのため時には塩がたつこともある。

もちろんそういう時はお伝えして対応してくださるのだけれど、

私はこういう味の幅があるのが手作り食材の楽しいところだとも思っているので

新しいセッションを試みてみる。

調味料を減らし、トマトの塊を程よく残し、いつものドライのオレガノとオレガノの他に生のローズマリーとローリエも足した。

ソースなんだけど具材のような感じに仕上げた。

ニュー「さとむら牧場のチーズピザ」、いかがでしょうか。

 

haru pizza | ハルピザ – 長崎の家カフェ

始まりと終わり

大好きだった小浜の畑。

真冬でもお天気がいい日はぽかぽか暖かくて外套いらずだった。

古いかまどで作ったご飯やお餅はみんなに元気をくれた。

近所の方も温かかった。

この春でさようなら。

ここを貸してくれた大家さん、小さな畑活動してた太陽と月さん、

ありがとうございました。

そして、

昨年から少しずつ生まれ変わっている千々石の古民家と畑は、

この春から小さなイベントを発信していくそうです。

小浜の畑から引っ越してくるレモンやオリーブ、ブルーベリーの木たちも加わって賑やかになることでしょう。

haru pizza も少しだけお手伝いさせていただきますので、

岳の学舎さん、これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

haru pizza | ハルピザ – 長崎の家カフェ