甘酒麹  (長崎では、米麹のことを甘酒麹というそうです)


 

 

 

 

黒米入り甘酒、

塩麹、

そして、なんだかわからないけど美味しくなっているもの。

 

わからないものの正体は、

甘酒麹と黒米入の柔らかいごはんを混ぜて、

常温で10日ほど発酵させたもの。

昔の甘酒になるはずが、ぽろぽろの甘い塊に。

いい匂いを吸い込んで、

ひとつまみパクっと。。。

 

 

 

 

いい匂いと甘いもぐもぐは、毎日の楽しみに。

 

10月2日の日曜日の「甘酒と塩麹をつくる」は、

「甘酒を作りたい」人がいて、

「塩麹に興味がある」人がいて、

「参加したい」人が集まった時間でした。

一人ひと袋(500g入の川添酢造の板麹)の甘酒麹を使って、

自分が作りたい分量の甘酒と塩麹を仕込みました。

 

教室。。。という雰囲気よりも、ワークショップっていう感じです。

ハルピザメニューで、「これ、作りたい」、

ピザ教室同様、都合を合わせながら、受付ています。

 

 

 

 

カテゴリー: イベント, カフェのこと タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。