2021 haru pizza 通信 72 73

今年も賢太郎くんとりえちゃんが2022年のカレンダーを届けてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しみにしているのは私だけではないでしょう。

恒例のカレンダー原画展も11月の全祝土日に彼らの拠点の雲仙市国見町で開催されます。黒い土間と黄土色の土壁の展示場は原画もさることながら建物のしつらえも必見です。

 

 

 

 

「今年はうっかりピザ100選なんて宣言しちゃったからさぁ、どうする?あと2カ月しかないよ」などと若い夫婦相手に愚痴ったら、「クリエイティブだなぁ」って賢太郎くんがほめてくれたから、調子にのることにしました。

では、さっそくりえちゃんのケーキと賢太郎くんのおにぎりに合うピザを制作。バナナにリンクさせて大豆、黒いのりに合わせてイカ墨の生地を使用しました。

(どこがクリエイティブなんだという声は聞こえないことにして)

72 ローズマリーと大豆のイカ墨生地のピザ

(ソース:haru pizza トマトソース)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度はモリンガとエルバステラをどっさり追加したピザ。やはりオリーブ油大事です。葉っぱがちょっと多すぎて、こちらには生ハムでものっけたい気分です。もちろんワインといっしょにどうぞ。

 

 

 

 

 

73 モリンガとエルバステラ、ローズマリーのイカ墨生地のピザ

(ソース:haru pizza トマトソース)

 

 

カテゴリー: カフェのこと パーマリンク

コメントは停止中です。